忍者ブログ

腰痛や椎間板ヘルニア

体の痛みなど

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ストレスと腰痛、腰が楽な体勢


ストレスが溜まると筋肉が固くなるとかで腰付近の筋肉を痛めやすい、腰痛になるということを聞いたことがあります。


また反対に腰痛になるとそれがストレスになり、心身に負担をかけるとも聞いたことがあります。


たしかに腰痛があるのに長時間立っているとか、座っていると言うのはしんどかったり、長時間苦しいわけですから精神的にも負担があると思います。



腰の負担を軽減するには四つんばいの体勢になるとか、腰に負担がかからないようにするのが良いそうですね。


仰向けよりもうつぶせの方が楽なようです。


PR

腰痛と睡眠時間のベッド


腰痛ではベッドなども関係してきて、やわらかい深く沈みこむものというのは腰痛になりやすくなると言われています。


腰痛が出てくるとだいたい1週間か2週間程度は腰の痛みが続きますね。


動きたいのに動けない、長時間座っていると歩くことができなくなるなど、酷い場合には日常生活も困難な日がでてきます。




腰痛の原因としては背骨のゆがみや、筋肉の柔軟性が失われた結果という風に言われています。




ビタミンの多い野菜やフルーツを食べるよう心がけた方が良いようです。




腰痛は一度いためると再発する可能性が高い


腰痛で腰を痛めると腰などの構造が変化してしまうのか、また腰痛になることが多いと言われています。

あまり腰に負担をかけないような姿勢でいるのが大事ですね。

寝る時には沈みこむようなやわらかすぎるものを使わない、変な姿勢でせやくしゃみをしない、重いものを持ち上げる時には膝も一緒に曲げる、腰を伸ばしすぎないなどの注意が必要と言われています。

一般のデスクワークであればそんなに腰を痛めることはありませんが、立ちっぱなしの仕事、重い荷物を持つ運送業や引越作業、スポーツ選手などは腰を痛めやすいと言われています。

どうやら体重が重い方の方が腰痛になりやすいようですね。

腰に体重がかかるのに加え、脂肪が多く体が曲げにくい体型にあるので、自然な腰、背骨の動きにならないことも多いのだそうです。


腰を痛めると思ったように動けない、長時間立っていたり、座っていることも苦しい上体になるので予防が一番効果的です。

お年寄りも足腰が強くないと生活を維持するのが難しい時代に


高齢になると腰がとても曲がっている方なども見かけますしやはり腰が曲がっていると歩行もきついのかなとも思います。

森光子さんなどを見ていると90歳でも元気なのでやはり運動をすることが大事でしょうかね。

森光子さんはスクワットなどを毎日やっているそうですが、足腰を鍛えられる運動が良いでしょうかね。
 
現在は核家族化も進み家族に面倒を見てもらうということが必ずしもできるわけではないですし、1人暮らしになって買い物も自分でしなければならないとなった時は大変になるでしょうね。

最近ではお年寄りの方が買い物をする姿も電車やバスなどに乗車している姿も見かけますし、年を取っても動けるようにしなければ生活が大変になる時代でもあるでしょうね。


元阪神タイガースの赤星は復帰を否定


元阪神タイガースだった赤星選手ですがもしかしてオリックスで選手復帰するのではないかという予測も出ていましたが、本人が否定したそうですね。

やはり運動はできない状況だったのかという状態でしょうか。

人間は無理な姿勢で体に負担をかけると腰などを痛めやすいとも言われますし、一度痛めるとまた腰に負担がかかった場合などに痛みが再発しやすくなるということが言われていますし、予防が重要でしょうね。

急に荷物を持ち上げてなるぎっくり腰や、関節や神経などに異変が起こるヘルニアなどがあります。

痛めると数日~数週間ほど普通の生活が送れないというほどにもなるので、思った以上に背負うものが大きいですね。


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

次のページ>>
Copyright ©  -- 腰痛や椎間板ヘルニア --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ